Design

Scroll Down

Design

すべての美しさが、
リビングのために
デザインされている。

世界的デザイナー佐藤オオキ率いる
デザインオフィス
nendoが監修し、
リビングに置きたくなるデザインに
仕上がりました。
さらにコーヒーの
出来上がりにあわせて、
音楽クリエイター集団
「MUSIC FOR MUSIC」の手による
心地よいギター音が、
リビングに響きます。

Design 
Concept

&Dripを使う方には、様々な調理器具でひしめくキッチンではなく、
リビングでゆったりとコーヒー体験をしてほしい。
その想いで、リビングに馴染む美しいデザインを目指しました。

フォルムはインテリアに馴染むシンプルなキューブ型とし、
部屋の真ん中に置かれてもいいように、
部屋のどこから見ても綺麗に見えるように仕上げています。

キッチン以外に置くことを考え、正面の丸い取り出し口は、
ドリップ時にコーヒーが周囲に飛び散らないよう工夫しています。
操作ボタンもタッチパネル式で、使わないときは隠れるようにしました。

また、給水タンクの代わりにペットボトルを直接取り付けられる仕様とすることで、
給水や衛生面でもリビングにふさわしいデザインとしました。

nendo

佐藤オオキ(1977年カナダ生まれ/早稲田大学大学院建築学専攻修了)を中心に2002年に設立されたデザインオフィス。東京とミラノを拠点に“小さな「!」を人に感じてもらうこと”をコンセプトに、建築、インテリア、プロダクト、グラフィックと幅広くデザインを手掛ける。Newsweek誌「世界が尊敬する日本人100人」「世界が注目する中小企業100社」に選出され、その作品はニューヨーク近代美術館(米)やポンピドゥーセンター(仏)、ビクトリアアルバート博物館(英)などに収蔵されている。

Sound 
Design

毎日のリビングで使う上で、耳障りではなく、心地のよいサウンドを目指し、
音楽クリエイター集団「MUSIC FOR MUSIC」がサウンドを制作。

コーヒーの出来上がりの音は、コーヒーの香りが届くような印象を形にした伸びやかなメロディー。
そしてクリーニングの完了音には、マシンがオーナーを呼ぶようなスタッカートを。
エレキギターで演奏することで、シンプルで直感的なサウンドとなっています。
また操作音は、優しくコロッとした音像になっています。

MUSIC FOR MUSIC

2011年に設立した音楽制作会社。主に西野カナ、BABYMETAL、三浦大知といったアーティストの楽曲制作や、ドラマやアニメのBGM・CM音楽等、多岐に渡って制作する、次世代ミュージッククリエーターが所属している。